Chekipon BLOG  
ログイン

ご卒業の皆様、おめでとうございます!

2018年03月02日12:00:00

こんにちは、院長の安井です。
卒業式シーズン、かしこまった服装の親子連れや、胸章をつけた学生を見かけますね。日本では大事な節目として厳かに行われる卒業式。海外はどんな感じなのでしょうか?
アメリカの卒業式といえば四角い帽子とガウン姿がトレードマークですね。アメリカの大学の卒業式は一家総出の一大イベント。賑やかな楽しい雰囲気で盛り上がるそうです。その正反対なのはフランス。なんと入学式や卒業式などの式典はなく、普通に過ごすのだとか。実はドイツやイタリア、デンマークなど、式典がない国はほかにもあるそうです。日本の環境になれていると、どちらも不思議な感じですね。
そしてこの春ご卒業される皆様、おめでとうございます! これから新しい土地へ行かれる方も多いと思いますが、春は寒暖差が大きく体調を崩しやすい季節です。身体の健康はお口の健康から。これからもお口のメンテナンスをしっかりして、新天地でも頑張って下さい!

  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

寒い日々でも健やかに

2018年02月02日12:00:00

こんにちは。院長の安井です。毎日寒い日が続いていますね。

2月といえば節分ですが、なぜ「鬼」に「豆をまく」のかご存じですか? そもそも節分は本来「季節の変わり目」のこと。1年に4回ある変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)の前日、ひいてはその中でも1年の始まりとして特に重要な立春の前日を「節分」と呼ぶようになりました。昔は季節の分かれ目には「邪気」が入りやすいと考えられていたため、古来より邪気を払う力があると考えられていた穀物(大豆)を、病気や災害を呼び込む邪気(鬼)にぶつけ一年の無病息災を願うようになったそうです。

今はインフルエンザやノロウィルス感染症もピークの時期です。「鬼は外!福は内!」と元気いっぱい、大きな声で言って、鬼を追いはらいましょう! もちろん、マスク・手洗い・うがい・休養といった基本的な予防もお忘れなく…。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

明けましておめでとうございます。

2018年01月05日12:00:00

明けましておめでとうございます。院長の安井です。
今年の干支は「戌(いぬ)」ですが、実はみなさんのお口の中にも「犬」がいるのをご存知でしょうか? その正体は…「犬歯」です。犬歯とは、歯を前から数えて3番目の、槍のように少しとがった歯のこと。一般的には「糸切り歯」とも呼ばれていますね。犬歯は歯の中で一番歯の根が長く、丈夫な作りになっているために他の歯が抜けてしまっても最後まで残ることが多い歯で、噛み合わせにおいても重要な役割を果たしています。
毎年、年の初めは干支を意識していても、少し経つと「あれ、今年の干支ってなんだっけ…?」となってしまいますが、今年は犬歯にちなんで忘れないであげてくださいね。当院も丈夫な犬歯にあやかって、みなさまのお口の健康を守るために今年もより一層がんばります!本年もどうぞよろしくお願いいたします。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

年末はすぐそこ

2017年12月01日12:00:00

こんにちは、院長の安井です。
毎年12月になるとお店や家庭の玄関などに華やかなクリスマスリースが飾られますね。今や年末の定番の光景ですが、そもそもクリスマスリースにはどんな意味が込められているかご存知ですか?
実はリースの材料として使われるものにそのヒントが隠されています。例えば、冬でも青々とし、殺菌・抗菌作用もある常緑樹の葉は「魔よけ・生命力の象徴」。姫リンゴや松ぼっくり、ブドウなどは「豊作祈願」。他にも、柊の赤い実やベル、リボンなどにもちゃんと意味があるそうです。また、「新年の幸福」を願う意味合いもあり、日本のお正月のしめ縄のような役割もあるのだとか。
今年は皆さまにとってどのような年でしたか?にこにこスマイル、美味しい食事…。そんな楽しい光景が浮かぶ一年だったでしょうか。もし私たち歯科医院がその一翼を担っていられたならこんなにうれしいことはありません。今年も一年ありがとうございました。

  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

師走を迎えるより前に

2017年11月01日12:00:00

こんにちは。院長の安井です。寒さも日ごとに増して、秋もいよいよ深まってまいりました。とはいえ、本格的な冬に比べるとまだまだ過ごしやすいですね。
昔から大掃除は年末の恒例行事のように行われてきましたが、今年は早めに始めて見るのもいいかもしれません。11月なら窓を開けっぱなしにしていてもまだそれほど寒くもなく、思いっきり換気もできます。手間のかかるキッチンやお風呂などだけでも終わらせておけば忙しい年末を余裕を持って迎えることができそうですね。
また、年末年始はほとんどの医療機関が休診となりますが、歯科も例外ではありません。これから忘年会やクリスマス、お正月など、楽しいイベントが続きます。そんな時に歯が痛むようでは楽しい気分が台無しです。歯の治療は数回通院が必要な場合もありますので、痛む歯や気になることがある方は早めに受診してくださいね。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

食いしばりに注意

2017年10月02日12:00:00

こんにちは。院長の安井です。
過ごしやすい気候の今は、スポーツや紅葉狩りを兼ねての登山を楽しむ方が増える時期です。そのような力を込めた動きをする時には「歯を食いしばる」ことが多くなります。実は歯を食いしばると、ご自身の体重と同じくらいの力が奥歯にかかっています。(女性では40kg、男性で60kgくらい。中には100kgを超える人も!)お口の中の小さな奥歯にこれだけの力がかかっているというのですから、相当な力ですね。
また、日常的に食いしばりをしてしまっている人がいますが、歯周病の悪化や顎関節症、頭痛などを引き起こしやすく、決して良いことではありません。普段は上下の歯と歯が触れていないのが正常な状態です。例えば、これを読んでいる今はどうですか?噛みしめていなかったでしょうか。日常的に目にする場所に「食いしばり注意」を喚起するメモを貼っておくだけでも効果はテキメンです。気になる方はぜひお試しください。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

暑い夏から実りの秋へ

2017年09月01日12:00:00

こんにちは。院長の安井です。
日本語は「オノマトペ」が他の言語に比べて多いそうです。オノマトペとは、「ギュッ・ガヤガヤ・ルンルン」などの擬音語・擬態語・擬声語のこと。実は日本語では食感を表す言葉の約7割がオノマトペなのだとか。私たち日本人はこれらを使って微妙な感覚・気持ちの違いを表現豊かに表しているのです。
例えば食感。「もちもち、サクサク・カリカリ・ザクザク・コリコリ・ツルツル・シャキシャキ」ど、例を挙げたらきりがないほどですが、私たちはこれらの言葉を聞くだけでどんな食感なのかイメージすることができ、食べ物をさらに美味しそうだと感じることができます。ただの「プリン」と「ふわとろプリン」…やっぱり後者が美味しそうですよね。
「キンキンに冷えた」ものが美味しい夏が終わりを告げ、「つやつやの新米」や「ほっくりした栗」などが出回る季節がやってきます。豊かな自然の恵みに感謝しながら、日本の秋の味覚をお楽しみください。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

夏休み、楽しんでいますか?

2017年08月01日12:00:00

こんにちは。院長の安井です。猛暑の毎日が続きますが、子どもたちは夏休みの宿題もそこそこに、元気に過ごしていることでしょうね。
最近「子どものむし歯と生活習慣」についての、あるアンケート結果が発表されました。そこではゲームなどのメディアを1日4時間以上利用している子どもは、2時間未満の子どもに比べてむし歯の数が1.8倍。睡眠時間でも8時間未満しか寝ていない子どもは9時間以上の子どもに比べて2倍以上もむし歯があるという結果でした。その他の項目でも、生活習慣が乱れている子供ほどむし歯の罹患率は上がっており、睡眠不足やゲームなどでの興奮状態が長く続くと、そのストレスから質の悪いネバネバだ液になり、むし歯になりやすいのではないかと説明されています。
自由な時間が多く、楽しい夏休みですが、その夏の代償がむし歯では悲しいですね。新学期を笑顔で迎えられるよう、規則正しい生活を送りましょう。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

暑い夏が始まります。

2017年07月01日12:00:00

こんにちは、院長の安井です。7月になり、本格的な夏がやってきます。
日本では2005年に「クールビズ」が導入されて10年あまり、今では企業等の各所ですっかり定着した感があります。ノージャケット・ノーネクタイといったスタイルに変えると、体感温度が2℃減ると言われますが、首元がネクタイから解放されるだけでも、涼しさを感じるのは容易に想像できますね。最近では洋服や寝具などにも冷感素材や通気性の良い素材などで出来ているものがたくさんありますので、うまく活用しましょう。
近年、亜熱帯化しつつあると言われる日本。私たちも地球にやさしい暮らしをしたいものです。しかし、そのために無理をして熱中症になってしまっては本末転倒。適切なエアコンの利用、十分な水分・塩分補給を意識して、暑い夏、くれぐれもご自愛ください。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科

歯と口の健康週間

2017年06月02日12:00:00

こんにちは。院長の安井です。
6月の雨の中、きれいに咲き誇るアジサイの花はとても美しく、見ていて飽きることがないですね。ところで、アジサイの葉の上でのんびりしているカタツムリですが、よくコンクリートのブロック塀などに集まっていることがありませんか?実はあれ、コンクリートを食べているそうなんです。
カタツムリの背中の丸い殻は石灰質でできており、維持・成長するために炭酸カルシウムを摂取する必要があるのだとか。その成分がコンクリートに含まれているのです。ちなみに、歯舌(しぜつ)と呼ばれるおろし金のような舌でガリガリと食べているそうで、その歯のようなものは一万本以上あるというのですから驚きです。
毎年6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。今年の標語は 「おいしい」と 「元気」を支える 丈夫な歯。人間もカタツムリ同様、元気を支えるのは丈夫な歯です。歯は一度失ってしまうと二度と戻ってきません。毎日のケアを大切にしましょう。  続きを読む

Posted by 医療法人安井歯科